ヤバい奴

5月も中盤に入ってきているというのに、なかなか暖かさが安定しない。 例年なら、暖かい日はもちろん、暑い日も少なくないはず。 なのに、今年はこんな感じ、いわば“令春”。 何かの摂理が働いてのことか・・・ この寒気が何かに影響しているのかどうか、逆に、何かが影響して寒気がきているのかどうか知る由もないけど、多くの人が曝されているように 肌で感じる気温だけではなく、世の中の空気まで寒々しくなっていることは言うまでもない。 こういう事態になってくると、平穏な日常のありがたみをヒシヒシと感じる。 飽き飽きするほどかわり映えしない毎日、平凡でありきたりの日常、不平不満ばかり吐いていた味気ない日々を・・・ ついこの前のことなのに、そんな日常を懐かしく思ってしまうのは、それほど、このコロナ災難が重大かつ深刻であるということか。 休業や外出自粛で、街の活気も失われている。 “活気”だけでなく、“生気”まで失っている人もいるだろう。 ただ、この期に及んでも、一部には“三密回避”“外出自粛”を無視し、人の迷惑も顧みない輩もいるよう。 “自由”というものの成り立ちや根源を知らず、自制できないことを“自由な生き方”と勘違いし、「経済を回すため」等と自制心の欠落を他人への偽善にすり替え、無責任なクセに困ったことが起こると他人からの支援を当然のように貪るヤバい奴だ。 「越境飲み!?」「越境パチンコ!?」 もう、呆れるし、不愉快だし・・・強い憤りを覚える。 「外出自粛要請」がでていても、在宅勤務が不可能な私は、毎日、出勤している。 現場仕事は少なくなってきているけど、それでも、まだやるべき仕事があるから。 ただ、仕事以外での外出は控えている。 スーパーに食料を買いに行くくらいにして、余計な動きはしていない。 しかも、できるだけ短時間で、レジ精算時をはじめ、店内を歩くときも他の客との距離に気をつけている。 せっかく?時間があるのだから、スーパー銭湯にでも行ってリフレッシュしたいところだけど、そこも営業休止中(営業していても、今は行かないけど)。 しばらくぶりの軽登山も考えたが、人出が多いと登山道は混む。 屋外とはいえ、人と濃厚接触してしまうこともあり得る。 しかも、マスクをしたたままでは呼吸がツラい。 で、結局、断念。 あとは、ソロキャンプか、一通りの道具は持ってるし。 しかし、キャンプ場も混み合ったら意味がない。 シャワー室・トイレ・炊事場などは感染リスクが高いから、やはりダメ。 その代わりに、今年は花見もできなかったし、もう少し暖かくなるのを待ってBBQでもやろうかとも思うけど、人を集めてしまうのはマズいので、これも工夫が必要。 あと、“ソロBBQ”でも気分転換できるはずだけど、趣味を孤高に楽しんでいるように見えるソロキャンプは、ある意味でカッコいいのに比べ、“ソロBBQ”ってのは、「そこまでして炭火で飯が食いたいのか?」っていう風に見られて、なんだか、ネクラっぽい孤独感がでて“ヤバい奴”になってしまいかねない。 結局、できることが思いつかず、人を避けながらウォーキングだけやって その日その日を暮れさせているのである。 休みがとりやすくなったのはありがたいけど、遊び慣れしていない私でも、何のレジャーも楽しめないのは寂しく思う。 また、その理由が仕事減では、身体は休めても気持ちは休まらない。 現場作業が少なくて身体は楽になったのかもしれないけど、逆に精神はツラくなっている。 事態が深刻化していく一方であるうえ いまだウイルスの収束時期が読めていないわけで、先に明るい展望が持てないから余計に。 筋金入りのネガティブ男(私)は、この先のことを考えると 悪い予感しかしない。 そして、鬱持ちであるが故に、その精神は それに過敏に反応しているのである。 何とか今はまだ、少しは余裕があるけど、このまま時が経てば経つほど、私も徐々に追い詰められていくだろう。 ホント、困った・・・ホント、弱った・・・。 「転落死なんですけど・・・」 付き合いのある不動産会社から特掃の依頼が入った。 現場は、繁華街の裏路地にある古い木造アパート。 そこは、車が通れるほどの道幅はないけど、自転車や歩行者の往来は多いエリア。 建物は二階建で、1DKが一階に二戸、二階に二戸。 二階の一室は空室で、もう一室が故人の部屋。 二階へつながる階段は内階段になっており、二階二戸の玄関は一階、路地に面していた。 「うぁ!・・・ヤバ・・・」 目を見張ったのは、その玄関。 玄関ドア外側の下部には、いくつも赤黒い筋。 それは、醤油やソースでもなく、チョコレートでもなし。 そう・・・それは、どこからどう見ても血、しかも大量。 私は、不動産会社から“階段下の玄関で倒れていた”ということは聞いていたが、“外に血が流れ出ている”ということまでは聞いていなかったので、ちょっと驚いた。 「さてと・・・開けてみるか・・・」 私は、何枚かのタオルを細長く折り、ドアの下に重ねて置いた。 そして、不動産会社から借りてきた鍵を挿入。 周囲に人影がないことを確認してから、ゆっくりドアを引いた。 素人ではない私は、ドアを開ける際、ダムが決壊したときのように土間の血が再び流れ出てくることにも用心していた。 しかし、幸い、血だまりの大部分は凝固し、新たに流れ出てくることはなかった。 「うぁ~・・・こりゃ迫力あるな・・・」 眼下には、赤黒い粘液で覆われた玄関土間が出現。 それは、半乾きの状態で滞留した大量の血。 乾いた部分は冷えたブラックチョコレートのように固まり、乾ききっていない部分は煮詰めた赤ワインのように生々しく光っていた。 と同時に、特有の血生臭さがプ~ンと私の鼻をとおり過ぎて、ズ~ンと精神を圧してきた。 「本当に転落死か?」 もっとも大きい血痕は玄関土間にあったけど、そこだけにとどまらず階段から二階故人宅の台所床にも付着。 もともと身体の具合が悪かったのだろう、 “転落”だけではない死因が他にあったことは素人目にも明白。 室内で吐血または下血した後、それで慌てたか、階段を転げ落ちて外傷を負ったものと思われた。 ま、どんなに推理を働かせてところで、私がやらなければならない仕事は変わらない。 自分の中で一応の決着をみた私は、作業のシミュレーションに頭を切り替えた。 「しかし、よりによって、この場所とは・・・」 そこは人通りが多い路地に面した位置。 階段は急で狭く、血が溜まった玄関の土間も狭い。 しかも、くたびれた裸電球はロウソクの灯程度の光しか放たない。 室内からの特掃は極めてやりにくい・・・ドアを開けた状態で外からやらないと無理な構造。 しかし、そうすると、通行人から血痕も作業も丸見え、“なかなかの見世物”になりかねない状況だった。 「別に、悪いことするわけじゃないんだから・・・」 ない頭で知恵を絞ってはみたものの、私は、その作業法以外の妙案を思いつかず。 開き直ってやるしかなく、結局、オープンで作業することに決定。 私は、自己防衛のため“一人の世界”に引きこもり、誰かに近づかれないよう“多忙につき声かけ無用”の雰囲気を醸し出して心理的なバリアを張ることに。 極力、自分の視界を狭くするため、うつむき加減でしゃがみ込み、ほとんど路地側に背中を向けたまま作業をすすめた。 「警察とか呼ばれたらかなわんな・・・」 一人の世界にバリアを張っていても、私の横目視界には幾人もの通行人が入り、耳には近づいては遠ざかる足音が聞こえ、背中にはムズ痒くなるような好奇の視線を感じた。 ただ、ヒマな野次馬はほとんどおらず、大方の人は、軽く目をやるだけで通り過ぎていったと思う。 好奇心旺盛な人の中には視線を止めた人もいただろうけど、そんな気配は感じなかったから、多分、歩を止めて覗き込んだ人はいなかったと思う。 ただ、多くの人は、“血だらけの玄関”と“両手 血まみれの男”を見て、“ギョッ!”としたのではないかと思う。 これで鋭利な道具でも使っていたら、完全に警察を呼ばれていただろう。 事実、小声ながらも、何度か驚嘆の声が上がったのを私の耳は聞き逃さなかった。 「ヤバい奴に見えてんだろうな・・・」 私は、背後を往来する人から見た自分の姿を想像。 その怪しさは、例えようがないくらいの奇妙でインパクトのあるもの。 我ながら、その様がなんともおかしくて、故人には失礼ながら、時々 クスクスと笑いが込みあげてきた。 黙っていても“ヤバい奴”なのに、そいつが一人で笑っているとなると“ヤバい”と通りこして“恐ろしい”。 “そんな風に見られているかも”と思ったら、私は、余計に自分がおかしくて、“ヤバい現場で笑っているヤバい奴”となってしまっていた。 時々、私は、ヤバい奴に変身する。 アブナイ系ではなく、ヘンテコ系の。 特掃現場では、特にそうなる。 ヤバい所が元来の仕事場で、ヤバい状況を片づけるのが仕事なのだから仕方がない。 客観的に見ると、その様は、かなりグロテスクかつ滑稽だと思う。 人の目には、とてもカッコよく見えるものではないけど、それでも、自分では「カッコいい」と思ってしまうときもある。 その由縁は、“使命感・責任感”“依頼者の付託に応えるため”などといった上等のものではなく、“故人の尊厳を守る”“仕事のプライド”などと言った高等のものでもない。 “並の奴にはできんだろ”といった塵芥のような優越感だったり、“俺にしかできんだろ”といったゴミ屑のような職人技だったり、自分以外の他人には興味も価値もないことだったりする。 更に、その由縁がある。 それは、その内にいる“ヤバい奴”。 私の心底には、過激な思考、邪悪な想像、卑猥な妄想(ちなみに、性癖はノーマル)をする奴がずっと居座っている。 例えば・・・・・んー・・・問題あるから書くのはやめておこう。 もちろん、そいつが現実の行動にまで姿を現してくることはない(?)けど(たまにはあるかも、・・・あるな・・・)、人に知れると、人は私から離れていくだろう。 ただでさえ、交友関係が狭い私の場合は、いよいよ一人ぼっちになるか。 ま、この時期なら、人との距離は空いた方がいいし、一人ぼっちでいるくらいの方が安全だし、世の中のためにもなる。 今は、これからくるであろう“寒夏”に耐えきれるかどうか悩むことはさておいて(私は悩んでしまうけど)、また、他人事として無責任に遊ぶことはやめて、我々がやれること・やるべきことを真剣に考え、真摯に取り組むべきとき。 今は、今日の自分のために生きるのではなく、明日の自分のために生きるべきとき。 それが、誰かのためになり、世の中のためにもなる。 常々、“今を大切に”、“今を楽しむ”生き方に憧れ、実践したいと思っている私だけど、それは、今を大切にすることに矛盾することなく、今を楽しむことに通じる部分もある。 我々は、獣や草と同じではなく、本能だけじゃない動力を持たせてもらっている「人間」・・・・・幸せに生きるチャンスをもらっている「人間」なのだから。 とにもかくにも、この“新型コロナウイルス”ってヤバい奴、早いとこ くたばってほしいものである。

特殊清掃についてのお問い合わせは        

特殊清掃プロセンター 0120-75-9944

メールでのお問い合わせは

希望の芽

2020年、春、新緑の季節。 しかし、今日の東京は大荒れの空模様。 肌寒く、台風がきたかのような暴風雨。 これで、水害や土砂災害が起きなければいいけど・・・       時勢も大荒れ。 気温だけじゃなく、世の中の雰囲気も寒々しい。 オリンピックという大祭もなくなってしまったし、芽吹いて間もない葉桜が、どことなく寂しげに見えるのは私だけだろうか。                                                前回ブログを更新したのが昨年8月23日だったから、夏が終わり、秋が過ぎ、冬を越え、もう8ヶ月近くが経つ。 しばらくぶりの私、「仕事を辞めた?」「傷病で休んでる?」とか「ひょっとして、死んだ?」等と思われていただろうか。 が、歳だけはとったけど、私は、相変わらず そこそこ元気にやっている。 意識してブログを止めていたわけでもなく、仕事等 時間の都合で、結果的に止まってしまっていた。 ごくたまに「そういえば、しばらくブログが止まっているな・・・」と、気づくときもあった。 そして、「このままやめてしまおうか・・・」と思ったこともあった。 とにかく、睡眠や休息の時間を削ってまで書くほどのことでもないので、放っておいた次第。 しかし、この時勢で仕事が減り、少しずつヒマになってきている。 幸か不幸か、ブログを書く時間がつくれるようになっているわけ。 はたして、今更、これを読んでくれる人がいるのかどうかわからないけど、この“ヒマ人のヒマつぶし”に立ち止まってくれる人がいたら、細やかに嬉しい。 基本的に“相変わらず”やっている私だけど、困ったこともあった。 昨秋、プライベートで大変な目に遭った。 それは、身近な人間の大病。 仕事も休めず、心身の疲労が重なり、情緒不安定な状態に陥ってしまった。 それが一段落ついたかと思った矢先、今冬、仕事で大変な目に遭った。 これもまた、身近な人間の大病。 「少しゆっくりさせてもらおうか・・・」と思っていた矢先の急病で、仕事はテンテコ舞。 休んでいるヒマはなく、夜、寝ている間にも仕事のことを考えているような始末だった。 そして、今、プライベート・仕事、両方で大変な目に遭っている。 そう・・・この新型コロナウイルスの問題だ。 二月の時点では完全に他人事。 自分には関係ない、どこか遠くの出来事のように捉えていた。 三月になると、発生地が身近なところにまで迫ってきて、少しは自分の問題として捉えるようになってきた。 連日、コロナのニュースが踊り、飲食業・観光業・レジャー業などの苦境が多く伝えられるようになってきた。 それでもまだ、“他人事”のような感覚は残っていた。 が、三月下旬になると、身近なところの様相も一変。 業界や取引先に影響が及んできて、仕事が減る兆候が見え始めてきたのだ。 それはそうだ。 私の仕事は、生活を維持するうえで不可欠なものではない。 製造・食品・物流・医療等とは関わりがなく、有事の際の社会貢献度も極めて低い。 更に、遊興快楽的な要素も健康に資する要素もなく、人々に元気をもたらすものでもない。 災難の真っ只中では、まず必要とされない。 近隣から苦情がでるような腐乱死体現場なら緊急性・必要性が高いけど、肌寒いくらいのこの時季はそれもない。 したがって、仕事が減っていくのもうなずける。 ただ、“コロナ消毒”の問い合わせは増えてきている 不動産管理会社やマンション管理組合等が、感染が発生した場合を想定した上での事前準備として。 これだけは、この時勢でニーズがあるわけだ。 が、対象の規模が大き過ぎたり、求められるクオリティが高過ぎたりすることも多く、机上の想定だけで安易に契約するのは危険。 また、施工者(当社)のリスク管理の問題もある。 一人でも感染したら、そこで営業中止になるわけだから、一つの依頼でも売上利益だけ見るのではなく、大局的・長期的・客観的に見て判断することが必要なのである。 かと言って、多くの人達と同様、私も収入がなければ生活を維持できない。 つまり、仕事がなければ・・・働かなければ生きていけない。 事態がこのまま深刻化していけば、仕事を選ぶ余裕はなくなってくるはず。 大袈裟な言い方になるけど、生きていくために命を懸けてコロナ消毒をする日がくるかもしれない(今、最前線で闘っている医療従事者に比べれば、“子供のお遊び”みたいなものかもしれないけど・・・)。 こんな状況になって、今、「失業」という文字が“心構え”として頭に浮かんでいる。 加齢や体力が理由の退職なら想定内のことだけど、この事態はまったく想定外。 説得力のある論拠で、事態の収束時期を具体的に示せる専門家も現れていない。 「なるようにしかならない」「何とかなる」等と、根拠なく楽観視できるほど、事は小さくない。 現場仕事がなくなれば仕方がない。 この状態が長引けば、失業の“心構え”は“覚悟”に変わっていき、いずれ“現実”となってしまう。 似たような境遇にある人はごまんといる。 とてもイヤなことを言うようだけど、この先、感染者や死亡者だけでなく、失業者・破産者も増えていくだろう。 悲しいことながら、自殺者も増えていくかもしれない。 察してもらえる通り、私の仕事は“在宅勤務”ができるものではないし、在宅勤務で給料が得られるものでもない。 在宅勤務を拡大解釈しても、我が家は、特殊清掃が必要なほど汚れてはいないし、ゴミ屋敷でもない。 死人もいないし、死体もない(当り前!)。 ブログ制作くらいは家にいてもできるけど、これは仕事(給料がもらえるもの)ではない。 で、今のところ、現場仕事がない日でもフレックスタイムで出退社している。 まだ、いくらかはやらなければいけない事務作業や雑用があるから。 もちろん、事務所では“三密”にならないよう・・・“一密”もつくらないよう細心の注意をはらい、外出の際もかなり気をつけている。 「三密回避」の警告が出されて久しい。 更に、「緊急事態宣言」が出されていることは、承知のとおり。 同時に“外出自粛要請”も出されている。 自分だけの問題じゃ済まされないから、ある種の社会的責任も発生している。 しかし、普段から私は“外出自粛”をしているようなもの。 友達もなく非社交的、外食をはじめ 外で飲むこともほとんどない。 誰かに遊びに誘われることもなく、趣味や同好会等のグループにも属していない。 結果、“外出自粛要請”の前後で、生活スタイルにほとんど変化はない。 変わったことといえば、マスクや消毒剤を常用するようになったことと、ウォーキングや買い物の際、人との距離を意識するようになったことくらい。 それも、日に日に神経過敏になってきていて、不用意に誰かに近づかれると“イラッ!”とくるようになってしまっている(きれいな女性に近づかれて“イラッ!”とくるかどうかは不明)。 外出自粛で家にいると、特にやることがなく、スマホやPCをいじりながら、ひがな一日を過ごしている人も多そう。 SNSが高度に活用されている今日この頃、大衆に重用さて重宝されているよう。 反面、私は、普段、YouTubeを観ることはないし、Twitterとうヤツもやったことがない。 “時代おくれ”は重々承知しているけど、興味がないから積極的に触れることもない。 ただ、多くの著名人がそれらを通じて、励ましや癒しの音楽やメッセージ・パフォーマンスを発信しているのを、TVニュースを通して目にしている。 発信側の芸能人やアーティスト・アスリートにとっては、これも ある種のビジネス、または、先を見越したビジネスの種蒔きなのかもしれないけど、個人的にはシックリこない。 人を励ますことができる人は、まだ、余裕がある人。 新型コロナウイルス被災民は、“まだ余裕がある人”と“もう余裕がない人”に分かれると思う。 つまり、「被災民の中にも階層がうまれ、温度差がうまれている」ということ。 そして、残念ながら、これは、時間が経ては経つほどハッキリとした型を成していくと思われる。 真に追い詰められた人は人を励ます余裕はなく、自分と家族を維持していく力さえ奪われている。 そういった発信者達の善意に目を向けられないほど気力を失い、素直に受け止められないほど疲弊し、絶望し、苦悩しているような気がする。 真に追い詰められている人にとって、角度によっては“他人事”“お遊び”“お祭り騒ぎ”にも見えるそれらの発信は、“癒し”“励まし”にはならず、冷淡に神経を逆なですることにもなりかねない。 もちろん、それらを「偽善」「不要」と言っているわけではない。 善意であるだろうし、そういう発信を欲し、それで、癒され・励まされている人も多いだろう。 私のように、能書きだけ垂れて何の人助けもしない輩よりよっぽどいい。 ただ、被災民の中でも、崖っぷちに立たされている“弱被災民”がいることに心を寄せることも人間同士の礼儀ではないかと思う。 善意の押し売りは、結果的に、悪意に似たものとなる可能性があるのだから。 善意だったかもしれないマスクの高額転売も悪意と見なされ、表面上、今はネットからも消えている。 それが拍車をかけたわけでもないのだろうけど、マスクはもちろん、消毒剤の類も、相変わらず手に入れにくい。 街のあちこちにあるドラッグストアには、朝から長蛇の列ができている。 今のところ、自分達で使うくらいのマスク・消毒剤は確保できているから、私は そこまでの購買行動はしていない。 しかし、このままの状態が続けば、そのうち、朝ドラ(朝のドラッグストア)デビューしなければならない日がくるかもしれない。 ま、早起きは得意だし、開店までボーッとつっ立ってるだけのことだから、難しいことではない。 難しいのは、手間暇かけてもマスクが手に入らなかったときに、自分の感情を理性的にコントロールすること。 “溜まっていく一方の不満・ストレスをどう解消していくか”だろう。 事実、コロナ問題が原因で、家庭不和・DVが増えているらしい。 「コロナ離婚」という言葉まで出現している。 この災難は、健康や経済だけにとどまらず、人間的にも多くのマイナスをもたらしている。 しかし、何かしらのプラスを得られないわけではないと思う。 残念ながら、多くの人間は、失わなくても気づくことができる知恵を持ち合わせていない。 与えられている平和を当り前のことのように、手にしている恩恵を当り前のもののように勘違いして生きている。 失ってみて 多くのことに初めて気づき、初めて気づかされる。 こうした困難に遭ってこそ気づかされる大切な何か、苦難に遭ってこそ学ばされる大切な何か、災難に遭ってこそ養われる・練られる大切な何かがある。 もともと、人は、その“何か”の種をもって生まれてくる。 例えば、日常では影を潜めている家族愛や友情、無視している健康や寿命、衰弱している忍耐力や自制心、目をそむけている正義感や道徳心、遠ざけている使命感や責任感・・・ そういった、人が、ただの獣ではなく、人であるが故に大切にすべきものが、暗い土中から“芽”を出してくるのではないだろうか。 不安は大きい・・・将来に大きな不安を抱えている。 それでも、変わりなく時間は流れている。 この先も、望まない事態、逃げたくなるような出来事は起こるだろう。 ただ、今の苦境を楽境に、逆境を順境に反転させるのは、その“芽”。 その芽は、今生で花を咲かせることはできないかもしれない、実をみのらせることはできないかもしれない。 また、人間がもつ愚弱な性質によって、途中で枯れてしまうかもしれない。 しかし、子や孫に、友や縁もゆかりもない若者に、次の世代・新しい時代に、歴史や教訓としてつないで花を咲かせ実をみのらせることはできる。 先の大戦による死苦痛悩悲哀が、今の平和の礎となっているように。 そのための人生、そのための生き方でも、生きる理由と価値は充分に見いだせるのではないだろうか。 生きていくのが面倒臭く思えるくらい、不満の芽・不安の芽が次々と出てくる昨今。 悪い意味での非日常に、気分も沈みがち。 それでも、希望の種はある。 どうあがいても、私の人生、あと もう少し。 これから、自分の人生がどのように展開していくのか、想像を超えた人生が待っているのではないか、ほんの少しは楽しみに思える瞬間がある。 それは、これまで幾度も「死にたい!」と思ってしまうようなことがあったけど、結局のところ生かされてきたことを思い出し、また今、こうして生かされていることを覚えるとき。 同じように、この先も、この命が尽きるまでは生かしてもらえるだろうと思うと、一寸先の闇に一筋の光が射し、希望の芽を導いてくれるのである。

特殊清掃、消臭消毒については                                0120-75-9944(24時間対応)

メールでのお問い合わせは

特殊清掃+消臭消毒+不要物処理

作業前
作業後

                      『異臭がする』『玄関の隙間から虫が湧いている』

マンションの同フロアに住む住人からの通報で管理会社が玄関扉を開けると…

□死後:推定10日                                                □作業場所:1DKマンション                                                      □作業内容:特殊清掃 遺品整理 不要物分別梱包・搬出 消臭消毒                □作業時間:延2週間                                            □作業員:延人数5名                                                      □作業料金:225,000円(税別)(諸経費込)(解体 内装工事別)                             □費用負担:遺族

特殊清掃、消臭消毒については                                0120-75-9944(24時間対応)

メールでのお問い合わせは

遺品整理と不要物処理

無断欠勤で異変を感じた会社の同僚が訪問したが、既に死後推定2日経っていた。

しかし、季節が冬だったこともあり、腐乱しておらず、特殊清掃や消臭作業は必要なし。 故人が勤務していた会社の借り上げアパートだったこともあり、費用はすべて会社負担。 遺族の依頼を受けて、現金・通帳・印鑑・写真アルバム以外はすべて処分させていただきました。

□死後:2日                                               □作業場所:1Kアパート                                                      □作業内容:遺品整理 不要物分別梱包・搬出 簡易清掃消毒                □作業時間:半日                                            □作業員:延人数2名                                                     □作業料金:80,000円(税別)(諸経費込)                             □費用負担:会社

特殊清掃、消臭消毒については 0120-75-9944(24時間対応)

メールでのお問い合わせは

亡くなる直前もラーメン、35年前に姿を消した父の「迷惑な」最期

いま日本は「孤独死大国」になろうとしている。国立社会保障・人口問題研究所の調査で、生涯未婚率が過去最高を更新したとメディア各社が報じた。生涯未婚率は50歳時点で未婚である人の割合を示す。その後、結婚をすることになる人もいるが、まだ少数派。また、配偶者や子どもがいても、「おひとりさま」になることもあるだろう。つまり、誰にとっても「おひとりさま」は他人事ではないのだ。

そこで、懸念されているのが、家で亡くなって死後何日も遺体が発見されないという「孤独死」というデッドエンドだ。民間のシンクタンクであるニッセイ基礎研究所の調査によると、孤独死の数は年間3万人。

そんな悲劇が実際に身内に生じたらどうなるのか。父親の孤独死に直面した会社員の徳山和也さん(仮名・55歳)の生々しい経験をもとに、“縁なき社会”の現状を追った。(ノンフィクション・ライター 菅野久美子)

●アル中、借金、35年会っていない父親

「突然、警察から電話があってオヤジが孤独死していたことを知ったんですよ。土曜の朝の8時半くらいに電話がきて『お父さんが亡くなったんです』と。しかも、電話口の相手は捜査1課だと言うんです。殺人事件を手掛ける部署ですよね。とにかくびっくりしましたね」

寒さの残っていたその日のことを、徳山さんはそう語り始めた。

私と徳山さんとは、彼が依頼した千葉県の遺品整理業者を通じて知り合った。遺族への孤独死の取材というと、一般的な反応としてあからさまに嫌な顔をされ拒否されることが多い。孤独死という結末が、通常ならば他人には触れられたくない家族関係の根幹に関わる部分であるからだ。それは、取材者である私でも、痛いほどよくわかる。

しかし、徳山さんは「孤独死の現状を知ってもらえるなら」と、二つ返事で取材を快諾してくれたのだ。

「たまたま仕事も休みで、趣味のウォーキングか温泉でも行こうかなんて思っていたところに、そんな電話。そのまま父親が住んでいたという千葉県内の警察署に遺体の引き取りに行くことになりました」

徳山さんの父親はかつては大手自動車メーカーに勤務し、製造ラインで自動車の部品を作っていた。しかし、あるときからアルコールに入り浸るようになり、複数の飲み屋などにツケを抱え、消費者金融に足繁く通い借金を作るようになる。しまいには住宅ローンの返済も滞るようになった。

一家の家計は火の車となり、両親は33年前に離婚。当然ながら、徳山さん自身、父親に関する良い思い出は全くない。さらに以後ずっと音信不通だったため、こういってはなんだが、他人同然だという。

そのため、降って湧いたような突然の父親の訃報に徳山さんは困惑した。母親はとうに離婚しているので、実子で長男である徳山さんに警察から連絡がいったのだが、その事態を理解するまでに、少し時間がかかったのは言うまでもない。母親も父親の死を後ほど知らされたが、あからさまに関わりたくなさそうな態度だった。

「だって、今まで散々家族に迷惑をかけてるんですよ。オヤジに対して、心情的には恨みつらみだけしかないんですよ。全く良いイメージがないですからね。だからできるだけ関わりたくなかったんです。どこかで借金しているかもわからないしね」

●焦げ付いた鍋の中にはラーメンが…

徳山さんのようなケースは決して珍しい話ではない。通常孤独死が発覚すると、警察は徹底的に身内の連絡先を調べ上げ、実子だけでなく、甥や姪までもいとも簡単に突き止め、遺体の引き渡しを求めて連絡をしてくる。縁遠い甥や姪にしてみれば寝耳に水であろう。

徳山さんは、父親の遺体の引き取りを承諾し警察に赴いたが、ずっと疎遠な状態が続いていれば、親類による遺体の引き取り拒否も少なくないという。

徳山さんの父親が暮らしていたというアパートに、遺体が発見されて数日後という状況にも関わらず、お邪魔させてもらえることになった。

築30年は下らないと思われる古びたアパートは、日当たりが悪く、室内は寒々しかった。部屋はガランとしていて、モノは少なく、キッチンのガス台には、鍋にラーメンがそのままの状態で置き去りにしてあった。

それが父親の身に起こった出来事を伝えていた。

鍋の中のラーメンは、黒く焦げ付いている。台所の冷蔵庫を見ると、中は空っぽ。父親は、まるで、玄関の方に助けを求めるようにして、突っ伏していたのだという。ガスの火は安全装置が起動して、しばらくして自動停止したのだろう。

その日も、いつも通りインスタントラーメンを作ろうとしたが、突発的な異変に見舞われ、そのまま倒れてしまったということが、現場の状態から一目でわかった。

晩年は年金生活だったようだが、最後まで飲み歩く生活はやめられずに、困窮した末、毎食ラーメンという不摂生な生活を送っていたことが浮かび上がってくる。遺品整理の際に、押し入れから出てきたのは、段ボールいっぱいの袋入りのあのインスタント麺だった。

「このキッチンの床に、オヤジは目を見開いた状態で、仰向けで倒れていたみたいです。ほんと、毎日ラーメンだけの生活だったんだなぁ…」

ため息をつくように、徳山さんはポツリとそうこぼした。その荒れた食生活からは、ごみ屋敷に代表されるような「セルフ・ネグレクト(自己放任)」に陥っていたと推測される。セルフ・ネグレクトは、孤独死の8割を占めると言われており、近年深刻な社会問題となっているのだ。

●孤独死のコスト

たまたま真冬の時期に死後1日で発見されたため、かろうじて遺体の腐敗は進行していなかったのが、せめてもの救いに思われた。これが真夏となると、また状況は違ってくる。何日も遺体が発見されず、床下まで体液が染み込むなどすると、清掃費用が跳ね上がり、ゆうに100万円を超えることもあるからだ。

そして、こうした費用の負担を巡って、遺族と大家がトラブルになるケースも近年頻発している。さらに悪質なのが、後払いであるのをいいことに、親族が費用を払わずに、そのまま逃げるケースだという。

徳山さんは、知り合いの葬儀社の提案で、火葬から納骨までを一括で依頼できるコースを選択した。父親の骨が火葬場から最後にどこにいったのかは知らないし、特に知りたくもないと思っている。

「オヤジが死んでホッとしたというのが正直な心境です。こんな面倒くさい死後のゴタゴタが全部、お金で解決できるなら、それでいいですよ」

これらの費用を捻出する理由は、亡くなったのが曲がりなりにも実の父だったこと。それに尽きるのが徳山さんの偽らざる心境だ。しかし、これが現在の孤独死の遺族を取り巻く現実である。

●35年ぶりに会った父、死の精算は「60万円」

大阪の特殊清掃業者によると、孤独死のほとんどが、こうした離婚後の男性だという。この業者は、孤独死の清掃で一度も遺族が悲しむ姿を見たことがないと断言していた。

徳山さんは言葉を続ける。

「昔のオヤジの勤め先の人に、オヤジが亡くなったって伝えたんです。警察の名刺を見せて『警察の世話になっちゃったよ』ってね。そしたら、『最後までほんとにあいつは世話を掛けるなあ』と言われたんです。自分でも、そう思いますよ。せめて、少しでもお金を残して置いてくれれば良かったのに思いますね」

徳山さんの口からは最後まで、死者を悼む言葉は聞くことはなかった。しかし、これまでの経緯を踏まえると、それも致し方ない気がする。

葬儀社へ支払った埋葬代込みの費用が10万8000円、斎場代(棺桶台と、冷蔵庫2日分込み)が1万9744円。家財道具処分費用が28万円、死体検案書3万5000円。その他にも、父親が滞納したクレジットカード代、アパートのハウスクリーニング費用など、徳山さんは諸々総計すると、60万円近くを支払った。

これが、世間ではあまり知られていない孤独死のコストだ――。そして、それが跳ね返ってくるのは、まぎれもなく血縁関係にある家族である。しかも実子がいない場合は、会ったこともない甥や姪にくることもある。

「死は生の鏡」と教えてくれたのは、孤独死対策で先陣を切っている常盤平団地(千葉県松戸市)の中沢卓実会長だ。いわば“発見されない死”とは、生前築いてきた社会における関係性の「薄さ」の反映といえるだろう。それが先鋭化したのが孤独死という結末に他ならないのだ。

弁護士ドットコムニュース